GUIDE
体験ガイドブログ

6月の沖縄の海は?梅雨時期でも沖縄旅行を楽しむには?

こんにちは!沖縄の体験ダイビングショップ「ラピスマリンスポーツ」です。

6月の沖縄は、前半は梅雨の真っ最中で、後半になると梅雨明けが近づいてきます。
「梅雨の時期に旅行して、海で遊べるのかな?」と思う人もいらっしゃるかと思います。

でも、安心してください!梅雨でも沖縄は海遊びシーズンです!

今回は梅雨時期を含む6月の天候や海の様子、この時期の服装、オススメの過ごし方や6月の沖縄の魅力についてご紹介します。

空と海

 

6月の梅雨時期、沖縄の海や気候はどんな様子?

沖縄の6月の海は真夏に向かって着々と変化していきます。
6月の島の気候は梅雨で始まり、下旬には梅雨明けを迎えます。

海水の温度は?

6月の沖縄の海水温度は、真夏に向かってぐんぐん上がっていきます。
海水の平均水温は6月上旬は25.5℃を超えるくらいですが、中旬には27℃に達し、下旬には28℃以上になります。

気温や湿度は?

那覇の平均気温は、6月上旬27.0℃、中旬25.6℃、下旬27.0℃と、ひと月で平均すると26.5℃。
最高気温の平均をみると、6月上旬29.7℃、中旬27.7℃、下旬29.5℃で、日中は30℃近くまで気温が上がることが分かります。

湿度も高く、なんと平均湿度は6月上旬90%、中旬86%、下旬78%で、月を通して平均で80%越え。
1年で最も湿度が高い時期です。

30℃前後になる気温とこの湿度なので、6月の沖縄はとても蒸し暑く、日中は熱中症の発生に警戒・厳重警戒が必要な暑さになります(環境省熱中症予防情報サイトより)。

※気温、湿度は2019年:気象庁より参考

気候は?

6月の前半は梅雨の真っ最中。
ザーッと降ってはサッと上がるスコールのような雨が降ります。
梅雨前線の活動が活発になると、強い雨が降ることもあるので注意が必要です。
6月下旬には太平洋高気圧が西に張り出して梅雨明けします。
梅雨明け後に、沖縄で「カーチーベー(夏至南風) 」と呼ばれる南からの強い風が吹き、本格的な夏がやってきます。

台風は来たり来なかったり。
過去10年間(2010年~2019年)の平均では、6月の台風は0.9個/月でした。
あまり心配ありませんが、旅へ出発前に気象情報はこまめにチェックしておきましょう。

 

6月の梅雨時期、沖縄の海にどう影響する?

海とビーチ

沖縄で1番の魅力の海、梅雨時期が影響しないかも気になりますよね。
結果から言うと、海に影響することと、影響しないことがあります。

影響することは海の「青さ」

沖縄といえば青い海ですが、曇りや雨など日差しの弱い日は海が青く見えません。

ですが、雨上がりに晴れ間が出れば青い海が現れます!
青い海が見たいときは、ぜひとも晴れたタイミングで海へ行きましょう!

また、「カーチーベー(夏至南風)」が吹くと海が荒れることがあります。海に遊びに行く時は注意しましょう。

 

影響しないことは海の「透明度」

雨が降ると海が濁ると思いがちですが、沖縄ではほとんどの場合、梅雨の雨が降っても海の透明度は落ちません。

海中の生き物たちも多少の雨では影響を受けないので、雨の日でも晴れた日と同様に生き物が豊富な海中世界を楽しめます。

ただし、ひどい大雨で降水量が多かった後は海が濁ることもあります。
梅雨時期は気象情報をこまめにチェックしましょう。

 

沖縄の6月の海、入る場合と入らない場合のオススメの楽しみ方

気温も水温もぐんぐん上昇する沖縄の6月は、海でのマリンレジャーが最高です♪
もちろん水に入らずに遊べるマリンレジャーもありますし、観光やイベントも楽しめます!

海に入って楽しむ♪

6月になると、ほとんど寒さを感じることなく海水浴を楽しめるようになります。
沖縄には天然ビーチや人工ビーチ、アトラクションが設置されたビーチなど様々なタイプのビーチがあり、好みに合わせて選べます。

ただし、6月ごろから海には猛毒のハブクラゲが出るので気をつけてくださいね。
クラゲ侵入防止ネットの内側で泳ぐと安全です。ネットがないビーチでは、ラッシュガードやスパッツなどを着用して肌の露出を避けましょう。

雨の日でも濡れるのを気にせず楽しめるのがシュノーケリングやダイビング。
海水に濁りがなければ海の中はよく見えますし、魚などの生き物も観察できます。

ラピスマリンスポーツでのダイビング・シュノーケリングツアーはお得で楽しいコースが豊富!
ラピスでは安全と満足度を重視し、貸切制プラス少人数制を実施しています。
1グループ貸切制でインストラクター1人が引率するお客さまは2名様までなので、雨の日ならではの注意点や楽しみ方もばっちり丁寧に教えてくれますよ♪

初心者でも安心して楽しめる青の洞窟シュノーケリングはこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

6月に青の洞窟シュノーケリング体験を楽しまれたお客様のご感想もぜひ参考に!

もっと深く沖縄の海を楽しむなら体験ダイビングコース!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 

6月に青の洞窟&ジンベエザメ体験ダイビングを楽しまれたお客様のご感想もぜひ参考に!

 

海に入らず楽しむ♪

海に入るのが苦手な方は水に入らずに楽しめるアクティビティも可能ですし、観光やイベントも楽しいシーズンですよ♪

例えばシーカヤックは海の上をのんびりと散策するのにぴったりの乗り物。
オールを手に海の上を滑っていくのは爽快!
ほかにも、船に乗って釣りをするのも手軽な海の楽しみ方のひとつです。

この時期ならではのイベントを楽しんだり、人気の観光スポットで遊ぶ事もオススメです!
GWと夏休みの間の6月の沖縄は観光客も少ないため、ゆっくりと満喫できますよ。

6月の代表イベントとしては、海の自然の恵みに感謝し、大漁と航海安全を祈願して行われる糸満の伝統行事「糸満ハーレー」。
沖縄の伝統的な船であるサバニに乗り込み、“ムラ”と呼ばれるグループ同士で競漕を行う伝統文化を味わえる行事です。

6月13日前後の週末〜旧盆までの土日に島の各地でエイサーを楽しむことができる「エイサーナイト」や、6月下旬の週末に沖縄本島嘉手納町の兼久海浜公園にて県内外の人気アーティスト達がパフォーマンスを披露する「沖縄からうた開き!うたの日コンサート 」なども行われます。

また、6月の沖縄は沖縄グルメの代表格でもあるマンゴーが旬です!
ぜひ南国ならではの、食べごろのマンゴーをたっぷり味わってみてくださいね♪

 

沖縄の6月は梅雨時期に最適な、こんな服装で!

やどかり

6月の服装は、雨対策、湿度対策、紫外線対策ができる格好が快適です。

梅雨時期にオススメの服装は?

日差しが少なく、湿度が高く、雨が多い梅雨時は、いかに爽やかに過ごせるかがポイント。
基本は半袖・短パンなど夏の装いで、吸湿性が高く、乾きやすい素材を使った、風通しのよいデザインの服が最適でしょう。

蒸し暑い夏を快適に過ごすための工夫が詰まった沖縄の夏の正装「かりゆしウェア」もおすすめです。

梅雨時であっても沖縄の紫外線は関東地方の7月8月に匹敵する強さ(非常に強い)なので、日焼け対策も必要。
通気性のよい長袖の上着は日焼け対策の他、ちょっとした雨よけや冷房対策にも使えて重宝します。

足元は濡れてもすぐに乾くサンダルが便利です。

 

梅雨明け後の服装は?

梅雨が明けると快晴の日が多くなり、強烈な日差しとともに、非常に強いい紫外線が降りそそぎます。

湿度はまだ高いので基本的には梅雨時と同様の服装で問題ありませんが、日焼け防止を優先させる場合は長袖・長ズボンが一番オススメです。
天気が良いとリゾートファッションを楽しみたくなりますが、紫外線対策とともに湿度対策ができる通気性のいい服装がベストでしょう。

肌を露出するときは日焼け止めをしっかり塗って肌を守ってくださいね!
また、帽子、サングラス、日傘などの日除けグッズはマストアイテムです。

 

沖縄の海は6月も楽しさいっぱい!梅雨でも海を満喫できます♪

6月の海は真夏に向かってぐんぐん水温や気温が上がっていき、海水浴をしても寒さを感じなくなります。

梅雨真っ最中で始まる6月、梅雨明けは6月下旬です。
梅雨の間も梅雨明け後も、気温も湿度も高い蒸し暑い日々が続きます。

服装は通気性がよく涼しく着られるものがオススメです。
梅雨時でも紫外線が強いので、日焼け対策もお忘れなく!

6月の梅雨が海に与える影響は意外と少なく、梅雨時期でも透明度の高いきれいな海を楽しめます。
晴れたときには青い海を見ることもできますよ。
そんな6月は、沖縄を満喫するにはマリンレジャーが1番おすすめ。
海を全身で感じる海水浴やダイビング、海を船から楽しむシーカヤックや釣り体験など、選択肢が多いのもうれしいポイントです。

イベントや観光も6月の沖縄は観光客が少なめなので、ゆっくりと満喫できますよ。

6月の梅雨時期も、沖縄旅行を楽しんでくださいね!
ラピスマリンスポーツへのお問い合わせもぜひお気軽に♪

facebook twitter line

関連記事