はじめての方へ

眺めるだけでも
魅了される沖縄の海。
もし、沖縄に来ることがあったら
ぜひ海の中を覗いて見てください。

素晴らしい海の世界がここにあります。
亜熱帯気候の空気感や植物だけでも本土と大きく違いますが、
一番はやはり「青い海」。
透明度や色鮮やかな熱帯魚や様々なサンゴの種類と数からみても
沖縄の海は世界的にも有数の海です。

ラピスは初心者向けの
マリンスポーツショップ

「沖縄の海の中を多くの人に気軽に見て楽しんでもらいたい!」と
産声を上げたのがラピスマリンスポーツです。

ラピスは初心者の方対象のショップです。

業界では「初心者の相手は簡単で誰にでも出来る」
「ベテランのお客さまを喜ばせられるのがプロ中のプロ」という風潮が
ありますが私たちの考えは逆です。

「初心者のサポートにこそプロ中のプロが必要!」と考えます。

ショップ名の「ラピス」とは、「ラブ&ピース」を略した造語。

「愛と平和」というと何だか大袈裟ですが、
沖縄の海を通じて幸せな気持ちになってもらいたいという願いを込めてつけました。

ラピスマリンスポーツは、とっても安全!

ラピスマリンスポーツは沖縄県海洋レジャー協同組合が定める安全基準をクリアした店舗だけが加盟できる青の洞窟エキスパートのオフィシャルショップです。資格を持った経験豊富なスタッフがお客さまの安全性をトータルでケアします。さらに、沖縄公安委員会より安全対策優良事業の認定も受けています。だからラピスマリンスポーツはとっても安全なんです!

3 POINTS
はじめに
知っておきたい3つのこと

ヘアスタイル・メイク・ネイル・つけまつげのこと

髪型は頭の上か下にしっかり「まとめる」ことが大切!お団子や三つ編みなどの海の中で髪の毛がふわふわ浮かないヘアスタイルがベスト。メイクは「すっぴん」か「ウォータープルーフの日焼け止め」。海に潜ると化粧をしても落ちます。マスクの中に海水が入ることもあるので、ダイビングの時はつけまつげも取りましょう。ネイルをしている方、心配な方はグローブをはめておくと良いですよ。デコパーツのかなり多いネイルでダイビングをするのはあまりお勧めできません。

女性の体調面のこと

女性が気になる生理とダイビングが重なってしまったとき。 生理でもダイビングができないわけではありません。普段お使いの生理用品を使用すればダイビングできます。でも、生理痛は人それぞれ違いますので、自分の体調と相談し、無理のないようにしましょう。 また、お酒の飲みすぎ、過労、寝不足、下痢、脱水症状など、体調が良くないときのダイビングは事故につながりますので、中止しましょう。 せっかくの沖縄旅行ですので、体調管理をしっかりした上でダイビングを楽しんでくださいね!

コンタクト・メガネのこと

視力が悪い方は、「使い捨てコンタクトレンズ」か「度付きマスク」の使うのが無難です。ハードコンタクトレンズは、取れて流されてしまう可能性があります。また、ゴミが入るとかなり痛いので、ダイビングどころではなくなり、パニックになる可能性も。一番便利なのが、使い捨てのコンタクトレンズ。度付きマスクだと視力の悪い方はマスクをしていないと周囲がはっきり見えません。ただし、使い捨てコンタクトを使用した後は、なるべく早くはずし、新しいものを着けましょう。