GUIDE
体験ガイドブログ

沖縄県の台風時期を知ろう!旅行前にチェック!

2020年6月24日

こんにちは!沖縄の体験ダイビングショップ「ラピスマリンスポーツ」です。

 

青い海、白い砂浜、眩しい太陽!夏休みの沖縄旅行は最高です!

ただ、沖縄は台風の接近が気になるところでもありますね。

実際に夏休みは沖縄県の台風シーズンに当たります。

 

でも、落ち込む必要はありません!

台風はたまにやって来るだけなんです。意外かもしれませんが、飛行機もあまり欠航しません。

沖縄県の台風事情や台風のときの過ごし方を知っておけば、沖縄旅行の楽しみ方の幅が広がりますよ!

 

沖縄 家

 

沖縄の台風時期はいつ?

沖縄には台風で屋根瓦が飛ばされないように、漆喰で固めてある家屋があるのをご存知ですか?

台風の襲来に備える地域対策の一つです。

 

そんな家屋が発達するほど台風と縁の深い沖縄ですが、1年中台風が接近しているのではありません。

沖縄に近づいてくるのは5月~11月ごろ。

特に夏場の7月、8月、9月が沖縄の台風シーズンです。

 

なんと夏休みとピッタリ!

台風時期を避けて旅行を計画できればよいですが、夏休みの旅行となれば、なかなかそうもいきません。

 

この時期は旅行が台風に重なる可能性ありと考えて旅行を計画するのがおすすめです。

特に日程には余裕をもって、台風で帰宅が1日遅くなっても困らないようなスケジュールが理想的ですね!

 

一口に台風と言っても、その影響力は千差万別。

外出も出来ないくらい厳重な警戒が必要な台風、十分に気を付けていれば外出も可能な台風といろいろです。

 

夏のイメージが強い台風ですが、実は熱帯の海上では1年中発生しているようです。

沖縄は発生場所や季節の気圧配置などの影響で、12月~4月は台風接近はありません!

 

沖縄の台風シーズン、接近は意外と少ない!?

 

「台風銀座」という言い方もあり、沖縄に台風が頻繁にやって来るイメージがあるかもしれません。

ですが、沖縄でも台風は「たまにやって来る嵐」なのです。

 

気象庁によれば、沖縄地方に接近した台風の平年値は、7月1.4個、8月2.2個、9月1.7個でした。

ここでいう台風の「接近」とは、台風の中心が沖縄地方(沖縄県)の気象官署から300km以内に入った場合のこと。

「平年値」とは過去1981年~2010年の30年間の平均値です。

ちなみに台風の半径が500km以上になると大型、800km以上で超大型の台風と呼びます。

1ヶ月に2個前後の台風が来ている計算になりますが、年によっては1ヶ月の間に台風が1個も来ない年もあります。

逆に台風が3個来るような当たり年もあります。

 

しかし全ての台風が沖縄の島を直撃するのではありません。

むしろ沖縄から少し離れたところを通り、大きな影響なく通過していくことの方が多いといえます。

 

台風シーズンでも、海のレジャーを楽しむのにもってこいの穏やかな日はたくさんあります。

実はダイビングやシュノーケリングも、台風のためにできなくなるのは年に数回程度なんです。

特に「安全対策優良事業所」認定ショップであるラピスマリンスポーツは、完全貸切制&少人数制でインストラクター1人が引率するお客さまは2名様までと安心のシステム。

急な天候の予測や安全なスポットなど、専門のインストラクターがしっかりサポートします!

沖縄の海を深く楽しむなら青の洞窟体験ダイビングコース♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 


 

初心者や泳げない方でも安心して楽しめる!シュノーケリングコース♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

↓ラピスでダイビングやシュノーケリングを楽しんだ方の体験も参考に★

ドキドキのダイビング初体験をされたお客様のご感想

神秘的な青の洞窟ダイビングで大冒険!お客様のご感想

託児付きでお魚いっぱいシュノーケリングを体験されたお客様のご感想
 

台風と重なった時の沖縄旅行の過ごし方と対処法

美ら海水族館

 

沖縄旅行の日程と台風が重なれば、海や山のレジャーなど予定の変更を余儀なくされることもあるかと思います。

だからといって旅行の楽しみを諦めるのはまだ早いですよ!

 

沖縄旅行中に台風が来た場合の過ごし方

まずは台風の規模と進路、風の強さや雨の降り方などをチェックしましょう。

 

■直撃だったら・・・

不運にも台風直撃の場合、暴風雨に見舞われ、飛行機や船は欠航します。

車などでの外出自体も危険です。安全を確保するためにも宿泊先に滞在しましょう。

 

部屋でのんびりしたり、翌日以降の予定を考えたりするうちに嵐は過ぎ去ります。

リゾートホテルでは屋内プールやマッサージ、スパなどが楽しめ、外出しなくてもリゾート感を満喫できますよ。

 

停電になることもあるので、スマホなどバッテリーで動くものは、早めに利用して充電しておきましょう。

 

■影響が大きくなかったら・・・

台風が接近していても、風雨が強くないときは外出が可能です。

ただし、海や山のレジャーは安全を考慮して中止になることもあります。

 

観光施設などは営業することが多いです。

博物館、水族館、体験型施設、ショッピングモールなど屋内での観光がおすすめです。

営業時間は短縮になることもあるので、最新の情報を確認しましょう。

 

台風で旅行に変更やキャンセルが発生した場合の対処法

台風の影響で旅行日程の変更が必要になった場合、各種手続きもお忘れなく。

飛行機、宿泊先やレンタカー、ツアー会社での手続きの知識も得ておきましょう。

 
■飛行機
航空会社にもよりますが、欠航が予想される場合、無料で便の変更を受け付けたり、チケット代を返金したりすることがあります。

台風襲来の1~2日前から受付となるので、航空会社のホームページなどで最新の情報をチェックしましょう。

 

「飛ぶのかな?飛ばないのかな?」と微妙な時は、ひとまず空港へ行くのが安心でしょう。
案外飛ぶことが多いです。飛ばなかった時でも、便の変更やキャンセル(返金)などの手続きを空港で行うとスムーズです。

 
■宿泊先・レンタカー
早めに旅行を切り上げたい、延泊したいなど日程を変更したいときは、すぐに宿泊先やレンタカー会社に連絡しましょう。

 

沖縄には「台風料金」と呼ばれる特別料金があります。

キャンセル料は無料に、延泊や延長は通常よりも安価な料金で対応してもらえる可能性が高いです。

 
■ツアー旅行の場合
旅行前にツアーがキャンセルになる場合、料金の払い戻しなどの手続きが必要です。

既に旅行中のときは、ツアーを企画した旅行会社に連絡して、台風への対応について確認しましょう。

 

沖縄は台風の時期でも楽しめます!

台風は1年中発生しますが、沖縄に接近するのは5月~11月ごろ。

特に夏の7月~9月がピークです。

とはいえ、沖縄への台風接近はピーク時でも1ヶ月に2回程度。

旅行と台風が重なる確率はさほど高くありません。

そのため、ダイビングやシュノーケリングも楽しめることがほとんど!
ラピスマリンスポーツの豊富なダイビングコースで、ぜひ海を満喫してくださいね♪

 

でも、もし沖縄旅行と台風が重なったら・・・

 

①直撃の場合、安全を第一に考え、外出を控えてホテルなどに滞在しましょう

②欠航が予想される飛行機は、無料で他の便に変更できることもあります

③ホテルやレンタカーの延泊・延長が必要な時は、受付窓口に早めの連絡を

 

台風の影響が弱い場合は外出できることもあります。

博物館や水族館、ショッピングモールなど屋内で楽しめる観光がおすすめです。

飛行機は飛ぶことが多いので、まずは空港へ。

夏休みも沖縄へぜひお越しくださいね~!

沖縄旅行をご計画なら、早めに予約してしまいましょう!
ラピスのご予約もこちらから簡単にできます♪

 

facebook twitter line

関連記事