お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

シュノーケリング日和!3月の沖縄の海はメリットがたくさん♪

こんにちは!ラピスマリンスポーツです。

春休みを使って沖縄旅行を考えているそこのあなた!

「3月の沖縄の海ってどんな感じなの?寒くないのかな?」

気になってそわそわしていませんか?
どうせなら海に入りたいですよね。

結論から言いましょう。3月の沖縄はもう海に入れます!
今回は3月の沖縄の海を満喫するためのポイントや、3月にシュノーケリングを楽しむメリットをご紹介します。

沖縄 海

 

3月の沖縄の気温と水温について

3月の沖縄は真冬の寒さが過ぎ、だんだんと暖かい日が増えてきます。
平均気温は20℃と、東京の5月くらいの陽気になります。
一部の沖縄の海では3月上旬に海開きをするところもあります。
3月下旬ごろから多くの場所で海開きをし、4月中旬には島のほとんどの場所で海開きが終わっています。

そのため、この時期にビーチに行けば、海で遊んでいる現地の人を見かけるかもしれません。
とはいえ、水温は2月と同じで21℃くらい。水着だけで入るにはまだ肌寒いです。
現地の人たちもTシャツなどを上に羽織って遊んでいることでしょう。

なのでシュノーケリングやダイビングを体験したいと思っている人は、ウェットスーツを着用することをおすすめします。

ちなみにラピスマリンスポーツでは無料でウェットスーツをレンタルできます!

 

沖縄を3月にシュノーケリングを楽しむメリットは!?

シュノーケリングを3月におすすめする理由やメリットはこちら!
 

沖縄の海は3月のならではの魅力も!

冬の海はプランクトンの数が少なく、透明度が高いと言われています。
夏になり、気温が高くなるとプランクトンの動きが活発になり透明度が下がるのですが、3月の水温はまだ低く、冬の海を楽しむことができます。

ちょうど冬の海から春の海に変わる季節なので、活動する生き物が変わる時期でもあります。3月上旬であれば冬の魚も春の魚も両方見ることができます。
 

シュノーケリングは3月だとプライベート感たっぷり!

リーズナブルに観光客が少ないなか、シュノーケリングを楽しむなら3月がおすすめ!特に3月初旬は春休み前なので安く旅行をするチャンスです。

沖縄の海はこの時期、子供の春休みや大学生の卒業旅行、1か月後にGWなど春旅行のシーズンをひかえていますが、3月初旬は一時的に島の混雑が緩和する時期でもあります。

人が少ないので海でゆっくり楽しみたい!という方にピッタリなんです。
シュノーケリングやダイビングの初心者も人が少ない方が安心ですよね。

春にプライベート感を味わいたいなら、断然3月初旬です!

もちろん年中1グループ貸切で参加できますので、他のショップ利用者と会わなければ「青の洞窟」を独占したような気分になれちゃうかも!?

気になる人は沖縄のラピスマリンスポーツへお問い合わせくださいね!

ラピスの「青の洞窟体験シュノーケリングコース」は
他のショップ利用者とあまり会わずに体験できます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↓3月にシュノーケリング体験をされたお客様のご紹介★

3月にジンベエザメ・お魚観察シュノーケリングコースに参加されたお客様

素潜り&青の洞窟シュノーケリングを3月に楽しんだお客様

3月に早朝シュノーケリングを体験したお客様のご感想

 

3月の沖縄の海を楽しむために必要なもの

ハイビスカス

3月は上旬と下旬で気候が変わります。

下旬はだいぶ暖かい日が増えますが、上旬にはまだまだ肌寒い日が多いです。
そのため、3月に沖縄に来る人は服装に注意してください。

3月上旬に沖縄に来る人は、厚手の上着をひとつ持って来るといいでしょう。
3月下旬には日中は半袖で過ごせる日もありますが、朝晩はまだ冷えるのでカーディガンや長袖の上着、ウィンドブレーカーなど羽織れるものがひとつあると重宝します。

海でマリンスポーツなど遊ぶには、ウェットスーツが必要です。
海から上がった後、濡れた体に風が当たると寒いので体を拭くバスタオルとウィンドブレーカーなどの上着も必要です。

「南の島だから半袖で大丈夫〜」と油断していると寒さで風邪を引いてしまうかもしれません。防寒対策はしっかりして沖縄を楽しんでくださいね!

また、沖縄の海では照り返しも強く、一年中紫外線には注意が必要です。
海に入る前から日焼け止めはしっかり塗っておく必要がありますよ。

 

東村つつじ祭りで春を満喫しよう!

3月の沖縄は観光客が少なく、シーズンは人気の観光エリアでもゆっくり見て回ることができます。
ですが、3月には県内外から多くの人が島へ訪れる人気のイベントがあります!

それが東村つつじ祭りです。
例年3月初旬から春分の日前後に開催されています。

沖縄では、本土のような桜は咲きません。
ヒカンサクラという桜は咲きますが、2月に満開を迎えて3月には葉桜になってしまいます。

沖縄で春を象徴する花と言えば、このつつじです。
東村にある東村村民の森つつじ園で行われるこの祭りでは、園内いっぱいに5万本のつつじが楽しめます。
赤、白、ピンクと色鮮やかに咲くつつじはとても綺麗です。

さらに期間中、「夜つつじ」として数日ライトアップされます。
とてもロマンチックなスポットでカップルに人気です♪
ぜひ足を運んでみてくださいね!
(平成31年は3/9~16が夜つつじ対象期間となります)

お問い合わせ先
沖縄県国頭郡 東村役場 (役場のサイトから最新のパンフレットもダウンロードできます)
http://www.vill.higashi.okinawa.jp/index.jsp

 

春の訪れを感じに沖縄に行こう!

3月の沖縄は気温が上がり、風も弱まり過ごしやすくなってきます。
春を感じる花を楽しめて、海も楽しめるのが3月の沖縄です。

3月を過ぎると沖縄は本格的なシーズンを迎え、旅行や観光ツアーはどんどん値段が高くなってきます。

夏とは違う沖縄を3月はなら楽しめますよ!
ぜひ、今度の春休みは沖縄に遊びに来てくださいね。
 

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング