お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

初心者でも楽しめる沖縄体験ダイビングのおすすめスポット

こんにちは!沖縄の体験ダイビングショップ「ラピスマリンスポーツ」です。

四方を海に囲まれている沖縄には、魅力的なダイビングスポットがいくつもあります。
冒険心をくすぐるような地形スポットやかわいいお魚との出会いを楽しむスポット、美しい景色に癒されるスポットなど、魅力的なスポットを挙げるときりがありません。

数あるスポットにはその特性から、初心者さん向けの場所や初心者さんには向かない場所があります。
見られる景色だけで選ぶのではなく、ダイビングスポットの特性を見極めることが大切です。

今回は、初心者さんでも楽しめる体験ダイビングのおすすめスポットをご紹介します!

 

 

体験ダイビングでは「安全にエントリーできる」ことが条件

初心者さんの体験ダイビングで一番大切なことは、「安全に楽しむこと」です。

体験ダイビングを安全に楽しむためには、まずは「自分に合っていて、安全にエントリー(スキューバダイビングやシュノーケリングをするために海に入ること)できる」スポットを選ぶことが肝心です。

エントリーには、ボートで沖まで移動して海に入る「ボートエントリー」と陸から歩いて海に入る「ビーチエントリー」の2つの方法があります。

ボートエントリーは、器材(総重量18kgぐらい)を背負って歩く必要がなく、体力に自信がない方でも、ラクにエントリーすることできます。

一方、ビーチエントリーは、足のつくところから少しずつ深いところに潜っていくため、水に不慣れな方でも安心してエントリーすることができます。
お子様など浅瀬でダイビングを楽しむ場合も、ビーチエントリーが向いています。

ただ、ビーチエントリーでは、器材を背負ったまま、岩場や階段など足場の悪い場所を歩かなくてはいけない場合もあり、初心者さんには難しいスポットもあります。

そのため、青の洞窟など目的地が陸から少々離れているコースではボートの使用料はかかりますが、ボートエントリーを勧めるショップが多いのです。

ご自分の体力や体調、経験に合わせて、安全にエントリーできるスポットを選びましょう。

 

 

体験ダイビングのおすすめスポットは「浅すぎず深すぎない」スポット

「水深が深いところのほうが色々な生き物がいて楽しい」と漠然と思っている方も多いのではないでしょうか?

でも、実はダイビングは水深が深ければ楽しいというものではありません。
深いところは深いところの、浅いところは浅いところの楽しみ方があります。

沖縄の海といえば美しいサンゴ礁が広がる海をイメージされると思いますが、それらのサンゴのほとんどは浅い水域に生息しています。
サンゴやサンゴにすむ小さなお魚たちを観察したり写真を撮ったりするなら、浅いスポットでダイビングするほうが楽しいのです。

とはいっても、水深1~2mなどの浅すぎる水深では、波の影響を受けやすくなります。
体が上下左右に揺れるためバランスがとりづらく、初心者の方は体力を消耗してしまうことも。

体験ダイビングでは最大12mまで潜ることができますが、初心者の方は体が安定する水深3~6m程度の浅すぎず深すぎないスポットが適しているといえるでしょう。

 

 

沖縄体験ダイビング、おすすめスポットはずばりここ!

では、初心者さん向けの体験ダイビングのおすすめスポットとはすばりどこなのでしょうか?
スポットの特徴と合わせてご紹介します。

沖縄で一番人気のダイビングスポット!神秘的な光景が広がる「青の洞窟」

沖縄の体験ダイビングのおすすめスポットを挙げるなら、やはり「青の洞窟」は外せません。
洞窟全体が青く光り輝く神秘の光景は、一見の価値があります。

「洞窟って深いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は、青の洞窟の最大水深は6mほど。
初心者の方でも安全に楽しむことができます。

ちなみに、青の洞窟で体験ダイビングをするなら、ボートエントリーがおすすめ。
なぜなら、ビーチエントリーの場合、およそ100段もの階段と岩場を歩いていかなくてはいけないからです。

☆青の洞窟体験ダイビングコースはこちら☆

「ケラマブルー」と称される透明度の高さが魅力!「慶良間諸島」

透明度の高い海でのんびりと体験ダイビングを楽しむなら、「慶良間諸島」がおすすめ。
慶良間諸島は、「ケラマブルー」と称されるほど透明度が高い世界有数のダイビングスポットです。
ウミガメに出会う確率が高いダイビングスポットとしても有名です。

慶良間諸島の海は、比較的浅く穏やかで、初心者の方でも安心して楽しむことができます。
行き帰りは大型のダイビングクルーザーでクルージング気分も楽しめます。

☆ケラマ体験ダイビングコースはこちら☆

お魚観察とエサやり体験が楽しめる!「恩納村のダイビングスポット」

お魚をじっくり観察したりエサやり体験を楽しんだりしたい方は、「恩納村のダイビングスポット」がおすすめ。
クマノミやスズメダイなどのかわいい魚たちを間近で観察することができます。

恩納村のダイビングスポットはビーチエントリーも可能。
船酔いがひどい方など、ビーチエントリーを希望する方にもおすすめです。
とはいっても、ボート移動は5分ほどなので、船酔いを過度に心配する必要はないでしょう。

☆お魚観察体験ダイビングコースはこちら☆

 

まとめ

沖縄には、「青の洞窟」など初心者さんでも楽しめる魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。
スポット選びの参考にして頂ければ嬉しいです。

・体験ダイビングを安全に楽しむためには、まずは「安全にエントリーできる」スポットを選ぶことが肝心
・ボートエントリーは、器材を背負って歩く必要がなく、体力に自信がない方でもラクにエントリーすることできる
・ビーチエントリーは、足のつくところから少しずつ深いところに潜るため、水に不慣れな方でも安心してエントリーできる
・初心者さんは、体が安定する水深3~6m程度の浅すぎず深すぎないダイビングスポットが適している
・沖縄の体験ダイビングのおすすめスポットでは、やはり「青の洞窟」は外せない!
・透明度の高い海でのんびり楽しむなら「慶良間諸島」、お魚観察やエサやり体験を楽しむなら「恩納村のダイビングスポット」がおすすめ

 

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング