お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

沖縄の海がきれいな理由。美しさの秘密を知ろう!

こんにちは!沖縄のダイビングショップ「ラピスマリンスポーツ」です。
沖縄は「国内の海外」と言われることもあるほど、美しい海が自慢。
白い砂浜と青い海は、まるで海外リゾートのようで、本土の海とはその色がまったく違いますよね。

なぜ、沖縄の海はこれほど美しくきれいなのでしょうか?
その理由はひとつではありません。
自然環境、そして人的環境の両方によって守られている、沖縄の海がきれいな理由についてご紹介します!

 

なぜ沖縄の海はきれいなのか?その自然環境

沖縄の海には、本土の海にはないさまざまな自然環境の特性があります。

沖縄の海の色を作り出す立役者は「サンゴ」

沖縄の美しい海の中を想像すれば、まず思い浮かぶのが「サンゴ」ではないでしょうか。
サンゴは、沖縄の海の美しさを作り出すのに欠かすことのできない存在です。

まず、サンゴの働き。
サンゴは、海中の二酸化炭素を吸収して体内で光合成を行い、酸素と一緒にミネラルも水中へ放出します。このことで浄化作用が起き、海水を綺麗に保てています。

次に、死んだ後は海の美しい色を作り出します。サンゴの体は石灰質でできています。
石灰質が砕けてあのまぶしいほどの白い砂になり、さらに白砂は海底に届いた太陽光を反射して海水を美しいエメラルドグリーンに見せてくれます。
このことによって、沖縄の海の象徴である青と白の美しいコントラストを作り出しているのです。

沖縄の海には、200種ものサンゴが生息されています。
世界で確認されているサンゴは約800種類。
つまり、世界で生息しているサンゴの約1/4の種類が沖縄の海に生息しています。

この多様なサンゴが生息しているからこそ、沖縄の海が美しいと言えるのです。

 

沖縄の海が透明なのは、黒潮とプランクトンに関係があった

沖縄が面している海流は、日本海流とも呼ばれる黒潮海流。

黒潮は、貧栄養でプランクトンが少ないのが特徴です。
また、海流の流れも速いので、海水がにごりにくく透き通っているんです。
これが沖縄の海が限りなく透明であることの大きな要因となっています。

ほかにも、沖縄は大きな河川もないので土や有機物が流れてくることは少ないこと、また頻繁に来る台風によって海水が拡散されるので、にごりの原因となるプランクトンが増殖しにくいなどの要因も、大きく影響しているといえるでしょう。

沖縄のあの美しいエメラルドグリーンは、きれいな水と、浅い海域、そして白い砂浜が作り出しているといえます。

 

沖縄の海を美しく保つ!人々が取り組む清掃活動とは?

沖縄の海がさまざまな自然環境によって美しく作られている理由を説明しました。
しかし、これを保つには、人間の努力も必要です。

沖縄には、美しい海を求めてダイビングやシュノーケリングなどを行う観光客が毎日たくさん訪れます。
多くの人々が海に入っても沖縄の海がきれいでいられるのは、日頃の地域の皆さんの活動があってこそなのです。

沖縄では、ダイバーや漁師などが率先して海の清掃を行っています。
例えば、NPO法人明るい社会づくり運動沖縄地区協議会(NPO法人明社沖縄)や、NPO法人美ら海振興会などがイベントとして大々的に清掃活動(ゴミ拾い)を実施。
これに賛同する多くの人が参加しする、清掃活動の輪が広がっています。
他にも同様の活動をしている人や団体は多くいます。

きれいだから、好きだから守りたい。
沖縄の海のきれいさを保つ良い循環システムが、あちこらこちらで生まれ、活動しているといえるのではないでしょうか。

 

いつでも綺麗な沖縄の海を、ぜひ楽しんでください!

いかがだったでしょうか?
沖縄の人が沖縄を愛し、大切にする気持ちから行動を起こし、ゴミなどが落ちていないきれいな砂浜を作っています。

海中でも、ダイバーや漁師たちが釣り糸やゴミなどを拾い、サンゴや魚たちを守っています。
そんな沖縄の海の美しさを、ぜひあなたも体感してみてくださいね!
きっとその景色や海の美しさに感動するはずです。

日本一美しい海で体験ダイビングを楽しもう!↓↓↓

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング