お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

生理中にダイビングはしてもいいの?

女性特有の心配事。ダイビングをする前に解決しておきたいですよね。
特に生理中のダイビングについては、心配になる方は多くいらっしゃいます。
また、妊娠中に体験ダイビングはしていいの?という質問もよく尋ねられます。

今回は、ダイビングをする際の、生理・妊娠の注意点についてご説明します。

 

生理中、ダイビングはしてもいいの?

基本的に生理になっても、ダイビングができないということはありません。
ダイビングをする際は、タンポンやナプキンを使用すれば問題なくダイビングをすることができます。

 

ウェットスーツは、スーツに水が浸透しますので、タンポンとナプキンを併用すると良いですが、タンポンを使い慣れていなかったり抵抗がある場合は、夜用のナプキンを使用すると良いでしょう。

 

ダイビング中ナプキンにたくさん水分が含まれていくので、エキジット後は早めに取り替えましょう。
もし漏れてしまっても、目立たないように黒色などのインナーを着用すると安心ですよ。

 

ただ、生理痛などは個人差があり、貧血になったり強い腹痛があったりそれぞれ違います。
ダイビング中に体調が悪くなったりする可能性がありますので、無理をせず自分の体調と相談することが大切です。

 

生理用品使用でダイビング可能-01

 

生理痛が心配。鎮痛剤を使用してもいいの?

生理痛を抑える為に市販薬を服用している方も多いかと思います。
ダイビングでもなるべく生理痛は抑えておきたいものですよね。
しかし、市販薬は様々な成分が入っていて、ダイビングをした際に、副作用が出る場合もあるので、自己判断での服用はやめましょう。

 

薬剤師にダイビングで服用しても安全な薬を聞いたり、婦人科でダイビングに影響ないお薬を処方してもらいましょう。

 

生理時のダイビングで準備しておくと良いもの。

生理中でのダイビングに準備しておくと良いものをご紹介

・替えのナプキン
・中身が見えないビニール袋
・ウェットティッシュ
・ティッシュペーパー
・防水加工のバッグ
・バスタオルやパーカー等の温かい服

 

ボートでの移動が長かったり、漏れが心配な場合は、ダイビング後にすぐ取り替えられる準備をしておくと安心ですよね。
ボート移動の場合はトイレの設備があるか確認しておくといいでしょう。

 

血の匂いでサメが近づく恐れって…??

血の臭いにサメがやってくるのでは…と不安に思う方もいると思いますが、体験ダイビングではほとんど心配する必要はありません。

どうしても心配な場合は、タンポンを使用し、ドライスーツを着用したり、ダイバーにその旨を伝えると気持ちが楽になるかもしれませんね。

 

いずれにしても、体験ダイビングは沖縄の海を熟知しているプロのダイバーがついていますので、過剰に不安になる必要はありませんよ。

 

また、ラピスマリンスポーツはジンベエザメの体験ダイビングコースもありますが、ジンベエザメは血の臭いを感じても襲うことはありませんので、安心してくださいね!

 

ジンベエザメは襲わない-01

妊娠していますが、ダイビングは出来ますか?

妊娠中のダイビングは胎児に何らかの影響を及ぼす可能性があります。
先天性異常や未熟児になったり、流産などの危険性も考えられますので、妊娠中はまず第一にお腹の赤ちゃんのことを優先にして、ダイビングはやめましょう。

 

また、妊娠に気づかずにダイビングしてしまった…なんてことがないように、妊娠している可能性がある場合は、検査しておきましょう。

初期段階では影響はないと思いますが、万が一のことを考えておくといいですね。

 

まとめ

・生理用品を着用すればダイビングは可能。エキジット後早めに取り替えられるよう準備をしておこう。
・妊娠中のダイビングは胎児に影響を及ぼす可能性があるので、ダイビングは控えましょう。

しっかり準備をして楽しもう!ラピスの体験ダイビングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング