お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

体験ダイビングで使える水中カメラをご紹介!

水中カメラ(防水カメラ)一つで海中は何倍も楽しく!

こんにちは!沖縄の体験ダイビングショップ「ラピスマリンスポーツ」です。

私生活を離れ、沖縄の神秘的な海の世界。南国特有の色鮮やかな海の生き物たちに魅了されます。
できれば、目に焼き付けるだけではなく、写真に残したいものですよね。
そう!海の中はシャッターチャンスの連続です!

是非とも水中撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか?
今回は、ダイビング中や海の中でも使える防水カメラについてお伝えします。

 

体験ダイビングに!防水使い捨てカメラや防水デジタルカメラ

ダイビングで水中撮影をする際、普通のカメラでは撮影できないので、防水カメラが必要です。
防水カメラはお手頃な使い捨てカメラから、プロ並みの写真が撮れる本格的なものまでたくさん種類があります。

「普段なかなか沖縄にも行けないし高価なカメラを買うのはちょっと」という方は、1500円前後の使い捨てカメラがオススメです♪
体験ダイビングショップにもよりますが、体験ダイビングではデジカメの持ち込みが可能なお店も多いので、自前のカメラを使いたい際は予約時にその旨を伝えておきましょう!

また、「せっかくの沖縄ダイビングだから、こだわりの一枚が欲しい!!」という方は、防水機能のあるデジタルカメラを購入される方もいらっしゃいます。

ダイビングやシュノーケリングだけではなく、海水浴をする方も防水タイプのカメラを持っておくと何かと使えますよ♪
普段の雨の日にも気兼ねなく使えて便利かもしれませんね!

「防水デジタルカメラを購入するのも」…そんな時はショップでレンタルしよう!

 

下記はAmazonのページ。使い捨てタイプのカメラです。
FUJIFILM レンズ付フイルム フジカラー 写ルンです 防水タイプ 27枚撮り LF N-WP3 27SH 1
Kodak レンズ付きフィルム スポーツ15m防水 27枚 8004707

 

体験ダイビングを楽しむために水深に合わせたカメラ選びを!

防水カメラを購入する際に大切なことは、『ダイビングの水深に対応したカメラ選びをする』ということです。
水深は参加者のレベルや海の状況によってインストラクターが決めることが多いですが、大体5~10m程度まで潜る場合が多いようです。

防水の使い捨てカメラやデジタルカメラは、いずれも水深10~15m位の範囲まで使用できるものが多く出回ってるようなので大体の体験ダイビングに適応できそうですが、海中で手から離れて限度以上の深さまで落としてしまわないよう注意しましょう!

せっかくの防水カメラであっても水深に対応できなくなると故障してしまいます。

ダイビングのコースによって水深も異なってくるので、事前にショップに確認してみることをオススメします!
沖縄の蒼い海でダイビング思い切り楽しむためにも準備万端にしておきましょうね!!

 

『ハウジング』で深い海の中の撮影が可能に!

ハウジングとは、カメラにつける防水カバーのことです。「カメラに防水の箱をかぶせる」というイメージです。

一般的な水中カメラと比べて、ハウジングを付けたカメラはより深い海中の撮影が可能となります。
水中カメラは水深10m前後のものが多いですが、ハウジングを付けたカメラは数十mもの深さまで潜ることが出来ます。

深い海の中の魚を取りたい方やダイビング上級者の方はハウジング付きのカメラを用意すると良いかもしれませんね!

 

当店ラピスマリンスポーツでは同行するインストラクターがこれでもか!というほど水中での写真も撮って、後日データをお渡ししています。
ご自分で撮ったものとはまた違った写真の楽しみがあるはずですよ!

ラピスは無料で水中写真をたっぷりプレゼント!

 

まとめ

・体験ダイビングにカメラ持込みは可能。
・水中カメラは使い切りから本格的なものまで幅広く売られています。
・水深にあわせた「防水デジタルカメラ」で水中撮影を始めよう!
・「ハウジング」を使うことでより深い海中の撮影が可能に!

関連リンク

ラピスマリンスポーツ 海ブログ カメラ持参のお客様記事

キレイな写真も残せるラピスの体験ダイビングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング