お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

青の洞窟はダイビングとシュノーケリング、どっちが楽しい?

ラピスマリンスポーツでも人気の「青の洞窟」。

青の洞窟内の美しい海や海中生物とのふれあいを楽しむ方法として「ダイビング」と「シュノーケリング」がありますが、どちらを申込んだら良いか、迷うことはありませんか?

今回は、青の洞窟に行く際の、ダイビング・シュノーケリングを選ぶポイントについてご紹介します。

 

ダイビングは異世界体験!青の洞窟の神秘的な世界を全身で満喫できる。

diving-aonodoukutu-taiken

青の洞窟でのダイビングの一番の魅力はなんといっても「海の生き物が近いこと」を実感できること!見たことのあるお魚も、近くで見たら迫力満点です!
 

カクレクマノミなど、サンゴに群がる可愛い魚などを間近でじっくり見たり、陸上では感じない「無重力」のような感覚を楽しむことができるのもダイビングならでは。
 

また、海中から見上げると、青の洞窟に広がる海面に太陽の光がゆらゆらと動き、その中を魚の群れが通っていきます。
青の洞窟の美しい「青色の世界」に体まるごと包まれ、今まで見たことのない神秘的な景色や体験に「人生観が変わった!」と感動してくれる人もたくさんいます。
 
青の洞窟の中をゆっくり泳いでいると、今までの悩みなんて吹き飛んでしまいますよ!

非日常的な世界を体いっぱい体験できるのは、絶対ダイビングです!
 
青の洞窟体験ダイビングのご予約はこちらから!↓↓↓

 

気軽に海に入ってみたいなら「シュノーケリング」!

aonodoukutu-ukabu

青の洞窟でのシュノーケリングの魅力は、何といっても誰でも手軽に青の洞窟を楽しめる!というとこと。
 
泳げなくても、水面に顔をつけることができれば十分に海の世界を堪能することができるので、小さなお子様や年配の方、泳げないので海に潜るのは怖い、という方でも楽しめるのがシュノーケリングの一番のメリットです。
 
あんなに神秘的な世界を手軽に満喫できるほど贅沢なことはありません!!(笑)
 
また、青の洞窟の世界に身を委ねて、仰向けでぷか~っと浮いている時間は、本当に最高です!
 
自由に会話もできるので、お客さまは「ほんと綺麗!!」「マジ最高!!」「めっちゃ魚いるー!!」とテンション高めです!(笑)

青の洞窟シュノーケリングコースはこちら!

 

「ダイビング」と「シュノーケリング」で迷ったら、グループに分かれよう!

snokel-diving
 
お友達同士の中でダイビングとシュノーケリングとで意見が分かれた場合はどうするか?
 
そんな時は「ダイビンググループ」と「シュノーケリンググループ」に分かれて楽しめば大丈夫♪
 

また、ダイビングができない10歳未満の小さなお子様がいるご家族もその対象です!

行き帰りのボートまでは家族全員で、青の洞窟付近に着いたら、5歳のお子さまとママは「シュノーケリング」、上のお子様とパパは「ダイビング」という感じで別れて散策できますよ!

ご予約の際にその旨を伝えておきましょう!

 

持病でダイビングができなくても、シュノーケリングならできる場合も

「ダイビングが怖い、怖くない」以前に、もともと耳に持病がある人や中耳炎などを繰り返し、鼓膜が薄くなっている場合、ダイビングは海からの水圧がどうしても影響を受けますので、ダイビングそのものをショップや医師から止められることがあります。
 
また、体調不良や耳抜きが出来ないなどでダイビングが難しいこともあります。
 
このようなときは「シュノーケリング」なら体験可能なことがありますので、持病持ちの方は体験前にかかりつけの病院へ相談してみましょう。

 

ダイビング後の「減圧症」に気をつけて!

ダイビングをするときに忘れてはいけないのが「減圧症」です。

ダイビング中は、空気タンクの窒素が、血液や体の組織内に蓄積されます。

その状態で深い海底から海面に急上昇すると、蓄積された窒素が気泡となって体内バランスを崩したり体の組織を傷つけ、めまいや関節・筋肉の痛み、まひなどの神経症状を起こすこともあります。
 
深いところまで潜ったときは、時間をかけゆっくりと海面に戻ることが大切です。また、体にたくさん窒素が残っている状態で飛行機に乗ると、減圧症を発症することもあります。
 
時間やスケジュールには余裕を持った行程をすることが大切な予防ポイントです。

あまり時間がない場合はシュノーケリング一本に絞って楽しむほうが良いでしょう。

減圧症についてはこちらの記事も併せて読んでみてください。
ダイビング後の減圧症について知っておこう!

 

ダイビングもシュノーケリングもそれぞれにいいところがあり見える景色にも違いがあります。

皆でご検討してぜひ神秘的な青の洞窟をお楽しみくださいね!

 

まとめ

・ダイビングは潜って海の生き物との距離も近いのが魅力
・シュノーケリングは海に慣れていない人でも気軽に楽しめる
・持病がある人や時間がない人は「減圧症」にかかりにくい「シュノーケリング」がおススメ(ただし持病がある場合は事前に診察を受けましょう)
 
ラピスマリンスポーツ一番人気♪青の洞窟体験ダイビングコースはこちら!↓↓↓

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング