お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

沖縄の1月、体験ダイビングを楽しもう!冬がねらい目!

こんにちは!ラピスマリンスポーツです。
1月になると本格的な冬を迎え、グっと寒くなり、暖かい時期が恋しくなってしまいますね。

そんな時こそ!一年中海を満喫できる沖縄でダイビングや観光を楽しみましょう!

1月の沖縄は旅行オフシーズンですが、だからこそのメリットもあります!
今回は、1月のダイビングと沖縄事情についてご紹介します!

1gathu-diving-okinawa

 

1月の沖縄、気温と水温は?透明度の高い海をゆっくり満喫!

夏~秋にかけて、ダイビングのハイシーズン中は水温も高く人気ですが、気温も水温の低い冬にダイビングと言われても大丈夫かなと心配になりますよね。

でも、心配はありません!
沖縄の気温は18℃~23℃、水温は21~22℃。
一年の中で比較的低い気温・水温ではありますが、これだけ水温があれば問題なく海の世界をお楽しみいただけます!

そして、冬のダイビングの良さは、海の「透明度」が高くなること。
水温の温度差が生じた時、水温が高くなった海にはプラクトンが発生します。
沖縄の海は一年中海に入れるくらいの水温が保たれているので1年を通して水温差はあまりありませんが、比較的水温の低い1月は透明度が高く、美しい海の世界をより満喫できますよ!

ラピスマリンスポーツのコース詳細ページはこちら!

 

冬の時期、ラピスでは防寒グッズをお貸ししてます!

boat-court
1月のダイビングは心配はありませんが、やはり時期が冬なので、寒さが気になりますよね。
でも大丈夫!
ダイビングのグッズには、防寒グッズがありますので、これを着用すれば心配ありません!

 

① ダイビングでは、厚手のウェットスーツやインナーで防寒!

一年中海に潜れる沖縄でも、1月の海の水温は少し低めです。
夏の格好では冷たいので、冬のダイビングは、厚手のウェットスーツやドライスーツを着用して海を楽しみます。
「寒くて我慢できない」とダイビングが出来なかった方は過去にいらっしゃいませんので、安心してくださいね!
とても寒がりの方は、ダイビング用のインナーを着て来られる方もいらっしゃいますよ!

こちらの記事もご参考くださいね!
ダイビングの寒さによる症状と対策。冷え性の方も海を満喫!

 

② 海から上がったら早めに体を拭いて長袖の上着を着ましょう!

1月の沖縄は、夏のように気温35℃!という真夏日はありません。
寒さを感じるのが、ダイビングが終わり海から上がった後のボートの中です。
水に濡れた体は寒さを感じやすいので、ダイビング後には、長袖の上着を着用しましょう。

ラピスマリンスポーツでは防寒グッズを貸し出ししていますので、寒さ対策もバッチリ♪
冬用のダイビングスタイルとして、厚手のウェットスーツや、頭や耳がすっぽり隠れる防寒用のフードベスト、また、ボート移動中に羽織るコートも万全!
温かいお湯も用意しているので、ダイビング後はボートの上でザバーッとかけるととても気持ち良いですよ♪

 

1月は観光客が少なく、ダイビングも観光もゆっくり楽しめる

沖縄観光は、季節の中でも夏~秋にかけてがピークです。
だからこそ、そのピークを避けた冬の1月は、実は沖縄旅行の穴場時期!

沖縄の冬は、旅行パックの価格も安く、更にお正月が終わってから沖縄旅行の価格もぐっと下がり、とてもお安く沖縄に行けるんです!
観光客が少ない分ダイビングショップも予約しやすいので、夏と比べて思い通りの旅行プランも立てやすいんです!
透明度が高い上に、人数も少なく、夏の混雑した長蛇の列に遭遇することもないので、ダイビングスポットである青の洞窟にもスムーズに向かうことができます。

そんなお得な時期に、ラピスは体験ダイビングコースを1000円OFFでご提供しています!

サービスは通常のままなので安心です♪
1月の沖縄の海は、夏よりもずっとプライベート感が増して神秘的な世界を満喫できますよ。
1月の観光はとってもオススメです!

 

沖縄のみかん「タンカン」の収穫時期!1月はタンカン狩り体験も!

沖縄で育つみかん「タンカン」はご存知ですか?
沖縄ではとてもメジャーなみかんの一種です。
一般的に「みかん」と呼ばれている温州みかんの2倍の甘さがあり、果汁も多くとてもジューシーなんですよ!

1月は、そんなタンカンの収穫時期に入ります。
農園ではタンカン狩りも体験でき、夏には体験できないので、まさに季節ならではです!
1月の沖縄旅行では、タンカン狩り体験を旅行計画に取り入れてみるのも良いかもしれませんね!

タンカン狩りができなくても、是非飲食店や沖縄観光スポットでも有名な「パイナップルパーク」で是非食べてみて下さいね!

tankan-gari

 

1月に咲く桜。日本で一番早い桜祭り「本部八重岳桜まつり」

沖縄中部にある山「八重岳」は、日本で一番早く桜が咲くことで有名です。
7,000千本もの寒緋桜(カンヒザクラ)はしっかりとした濃いピンク色をしていて、本州で咲く桜と違いうつむきがちに咲き、その姿がまた美しく趣があることで人気なんですよ!

一足先に、日本一早く咲く桜を観に行くのも1月の沖縄旅行プランに入れてみましょう!

kanhi-zakura

1月の沖縄は、ダイビングだけでなく、1月ならではの楽しみ方があり、実は穴場の時期なんです!
観光客も少ないので、ダイビングの前後に様々な沖縄観光をゆったりと楽しむことができるので、是非、沖縄旅行を計画してみてくださいね!

沖縄旅行の観光コースはこちらもご参考くださいね!
3泊4日、沖縄旅行の観光コースをお客さまに聞きました!

 

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング