お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

ダイビングの寒さ対策!防寒をして海を満喫しよう!

こんにちは!ラピスマリンスポーツです。
「ダイビングをしてみたいけど、冷え性で寒いのが苦手」と心配する女性も多いのではないでしょうか。

確かに防寒対策をとらずにダイビングをして、そのまま放っておくと低体温症になってしまうことも・・・
でも、きちんと対策をとれば心配いりません!

今回は、ダイビングで気になる寒い時の寒さ対策についてご紹介!
正しく理解し、思いっきりダイビングを楽しんじゃいましょう!
measures-against-cold

 

しっかり防寒対策!冷え性でも楽しいダイビングが可能です!

「私は冷え性だから心配…」というあなたでも、きちんと防寒対策をすれば心配ありません♪

◆ダイビング後の防寒対策が肝心◆

ダイビングの寒さ対策は、まずは何よりもダイビングが後、海から上がった後の寒さ対策が重要です。

水に濡れた体は寒さを感じやすく、水が蒸発するときに熱を奪っていくため、実際に体温も下がります。

ダイビング後には必ず長袖の上着を着用し、着替えやタオルなども多めに準備しましょう。
寒さ対策を怠りがちな夏場も、風を通しにくいウィンドブレーカーなど準備しておくといいですね。
特に寒さに弱い方は、カイロを用意しておくのもオススメです。

ラピスマリンスポーツではボート移動中に羽織るコートや温かいお湯をご用意。ダイビング終了後には温かいシャワーでしっかり身体を温められます。
 

◆ウェットスーツは厚手タイプを◆

スーツの選択も肝心です。
水温から身体を保護する厚みのあるものを着ましょう。
ウェットスーツの厚さは、2~7㎜とあり、薄手の夏用と、厚手の冬用に分かれます。

冬は厚手のウェットスーツを着用することで、寒さを防ぐことができます!
 

◆ウェットスーツの中に防寒用スーツやインナーを着用◆

winter-suit

ウェットスーツのなかに着るものを水着だけではなく、保温性のあるインナーも着用すれば、更に防寒効果アップです!

フード付きのウェットスーツは頭も防寒できます。

11月~2月の秋冬ダイビングについては、こちらで詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください♪

11月の沖縄ダイビング
12月の沖縄ダイビング
1月の沖縄ダイビング
2月の沖縄ダイビング

 

寒がりさんに嬉しい沖縄の年間の水温差

一年中楽しむことができる沖縄でのダイビングですが、もちろん季節によって水温が異なります。
本土と比べると沖縄の水温は高く、その差はプラス5℃ほど。

沖縄の水温は、
【春】3月~6月:21~24℃
【夏】7月~10月:27~29℃
【秋冬】11月~2月:21~25℃。

一年を通じて水温低下の度合いも緩やかで、一番寒い時期でも平均水温21℃ほどを保っています。

つまり、「冷え性で寒いのが苦手だけど、ダイビングを楽しみたい!」という人には、沖縄の海はぴったりなんです!
特に冬場はシーズンオフで観光客も少なく、夏よりも海水が澄んでいてキレイなのでオススメですよ♪

それでも寒さに心配な方は、水温が高い時期の夏から秋にかけてが安心でしょう。

 

寒いままでダイビングをしたときの弊害の低体温症とは?

沖縄がどんなに暖かい海といっても、長時間海に入っていればどうしても身体は冷えてきます。

海の中は陸上と比べて熱伝導率が高いため、体温が奪われるスピードは倍以上と言われています。
寒さはダイバーの判断力を弱らせ、身体機能を低下させますので、通常の状態ではありえないトラブルが起きる危険性も。

注意したい症例が「低体温症」。低体温症は冷えを気にする女性だけでなく、どんな人にも起こりうるものです。

低体温症は、体温が低下することによって手足の震えや運動障害から始まり、頭痛や判断力の低下、そして重症化すると血管の収縮や心臓への影響など、死に至るとても危険な症状です。

 

もし、ダイビング中に寒い・身体の様子がおかしい…と何か異変を感じたら、すぐにインストラクターに伝えましょう。

ラピスマリンスポーツでは、1名のダイバーが引率するお客さまが1〜2名の「少人数制」を採用しています。
プロのダイバー最初から最後までそばに付き添ってダイビングができますので、急な対応もできて安心です。

☆少人数制についてはこちら
 

11月、12月は防寒対策をしてお得にダイビングを楽しもう♪

 
寒さが心配で今までダイビングは気が引けていた…という方も、事前の寒さ対策をすれば安心です!

ぜひ、沖縄の美しい海の世界を満喫してくださいね!沖縄の海は、本当に素敵な世界が海の中には広がっていますよ。

ラピスでは一年中ダイビングを楽しんでいただけるよう、寒い時期にも安心できるサービスがたくさんあります。
信頼できるダイビングショップやベテランダイバーの同行が一番安心ですよ!
お気軽にご相談ください。

 

まとめ

・沖縄の海は冬でも海水温20℃以上で暖かい!
・寒さ対策が不十分のまま潜っていると、低体温症の危険あり。異変を感じたらすぐに知らせましょう。
・低体温症にならないよう、防寒グッズのご用意を!お店でも借りられます♪
・ベテランダイバーやショップのガイドと一緒に海を楽しもう!

 

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング