お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

5月の沖縄ダイビング事情について。GWはラピスで満喫!

こんにちは!ラピスマリンスポーツです。
水温の上昇で春濁りの時期も落ち着く5月の沖縄。やっぱりGWは混むのか気になりますよね。

ダイビングやシュノーケリングを快適に楽しんでいただくために、5月の沖縄事情をチェックしましょう!

diving-5gatu

 

5月の沖縄の海。気温・水温も高くなり、ダイビングも快適!

5gatu-kaiteki-diving

5月にもなると、沖縄はすっかり夏日が続き本格的に海水浴を楽しむ方々が増えてきます。
体験ダイビングショップも観光客で盛り上がってくる季節です!
平均水温は22~24度。
4月より1~3度くらい上昇するので、快適にダイビングをお楽しみいただけますよ。

シュノーケリングやダイビング後、陸地にあがってから感じる寒さもほとんど気になりません♪
寒がりですぐ冷えやすい方で心配な方は、念のため濡れても良いアウター(ラッシュガードなど)やダイビングショップからボートコートを借りると問題ありませんよ!

5月の気温は20~27度、平均気温は約24度くらいです。
20度を下回る日はほとんどありません!

快適に楽しめる5月!青の洞窟体験ダイビングコースはこちら↓

 

5月の沖縄。ダイビング中の紫外線対策は?

5gatu-sigaisen-taisaku

日差しが強くなってくる分、紫外線も増えます。
もう、沖縄の5月は「夏」と言っても過言ではありません!(笑)

5月は、しっかり日焼け止めを塗って紫外線対策をしてダイビングやシュノーケリングを楽しむと良いでしょう。
日焼け止めは水に浸かっても落ちにくいウォータープルーフタイプのものを使用し、その他の化粧は避けましょう。
ウォータープルーフの日焼け止めじゃないと、海に日焼け止めが溶けて海を汚すことになります。

魚たちや海の生き物にも化粧は有害なので、綺麗な海と海の生き物を守るためにも、メイクはウォータープルーフの日焼け止めのみが望ましいです。

アイライナーやマスカラなど、化粧が落ちると海を汚すだけでなく目の中に入ってとても痛いです。
化粧は極力しない方が好ましいですよ。

 

5月の沖縄観光での服装は?

沖縄の5月は「夏」と同様。
観光中、寒さ対策のアウターは必要ありません!
天気の悪い日や少し涼しい時間帯、岬などの風の強い場所、また、日中の紫外線を避けるという意味で薄手のカーディガン程度でよいでしょう。
ほとんど半袖で過ごせますよ!

 

GW時期は、混みます!ご予約はお早めに!!

gw-kaiteki-lapis

5月のGWを使って沖縄旅行に行く方も多いのではないでしょうか?
梅雨時期に入る前のGW期間は、やはりダイビングショップはとても混みます。
希望の時間にダイビングやシュノーケリングをお楽しみいただけるよう、早めのご予約をお勧めします。

 

込み合うGWこそ欠かせない少人数制&完全貸切制

GWのような込み合う時期こそ、少人数制完全貸切制がうれしい!
ラピスはこの二つの制度をGWでも徹底しています。
プライベート感はもちろん、混雑している中でもきちんとお客様一人一人の状況に合わせて安全にガイドをしてくれるための、欠かせない制度です。

1月~3月のオフシーズンと比べると、どこのダイビングショップも多くの旅行客の方々がダイビングやシュノーケリングをしにいらっしゃいます。

でも、ラピスならどんなに込み合っていても他の観光客の方々と一緒にシュノーケリングやダイビングをすることに…なんてことにはなりませんよ♪
そして、更に嬉しいボート移動で無駄な体力を消耗することなく楽しむことができます!

体験ダイビングは完全貸切制で安全に楽しもう!
体験ダイビングは「少人数制」で安全に楽しもう!

 

5月のシュノーケリング・ダイビングも思い切り沖縄の綺麗な海を満喫しましょう!
ラピススタッフ一同、お待ちしていますよー!

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング