お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

耳抜きの方法とコツ。これでダイビングも快適!

こんにちは!沖縄の体験ダイビングショップ、ラピスマリンスポーツです。
今回もダイビングのお役立ち情報をお届けします!

ダイビング中、水中に潜る時に行うスキルの1つ「耳抜き」

皆さんは、耳抜きがうまくできますか?耳抜きがうまくできないと耳がツーンとなったり痛くなったりします。でも、上手く耳抜きができれば、水中で感じる水圧の痛みなどもなくダイビングが楽しめますよ!

今回は、ダイビングの基本的スキルとして必要不可欠な「耳抜き」について、やり方やコツをご紹介します!

耳抜きについて-01

 

ダイビングに必要なスキル「耳抜き」とは?

ダイビングで海に入ると、水中で耳の聴こえが悪くなったり、耳がツーンと痛くなったりするのは、水中で内側の圧力と水圧による圧力差の変化が起こるためです。
飛行機に乗ったときも、上昇・下降した際に気圧の変化で耳の聴こえが悪くなる事がありますが、ダイビングでも、水中で同じ事が起こります。

その圧力差の変化を解消するために必要なスキルが「耳抜き」です。
楽しいダイビングには耳抜きは欠かせません。

 

ダイビングで必要な耳抜き。初心者の方でも出来ます!

耳抜きが苦手・上手くできなかったり「耳抜きって難しそう…」と不安そうなダイビング初心者さんもいらっしゃいます。

でも、耳抜きは特別難しいスキルではありません。耳抜きは10歳のお子さまでもできるようになります。耳抜きは一度できるようになれば、すぐにマスターできるので初心者の方でも大丈夫ですよ。

もしダイビングをご予定の方で耳ぬきができるか不安の方は、自分でお風呂で何となくでも耳抜きの練習をしてみましょう!

 

耳抜きの方法は3種類

barusaruba-miminuki

耳抜きの方法は「バルサルバ法」「フレンツェル法」「トインビー法」の3種類があります。
①バルサルバ法
「耳抜き」で一番一般的で基本的な方法がバルサルバ法です。鼻をつまんで、口を閉じて鼻から空気をゆっくりしっかり出します。
耳管から空気を送ることで耳管が開き、内側に引っ張られていた鼓膜がもとに戻ります。

②トインビー法
鼻をつまんで、唾(つば)を飲みこむ方法「トインビー法」。こちらもとても簡単です。
唾を飲み込むと、鼻腔内と同時に耳管が開き耳抜きができます。

③フレンツェル法
鼻をつまんで、舌の奥を上顎に向かって持ち上げる方法「フレンツェル法」
少し説明の仕方も難しいのですが、出来るようになったらフリーハンドでも出来るようになってきます。

 

なかなかうまく耳抜きが出来ない!耳抜きのコツは?

耳抜きのコツは、「耳抜きをするタイミング」と「こまめに耳抜きをする」こと。
そして、水中で耳抜きをするタイミングは、海に潜りながら、痛くなる前です。水深が浅い段階で何度も頻繁に耳抜きをしましょう。

水面に入った時(潜る前) ➱ 水面に潜った後 ➱ 1メートルくらい少し沈んだ後…というように、段階にあわせて耳抜きを行っていきましょう。

体験ダイビングでは、インストラクターが耳抜きの方法やコツ、タイミングをしっかり教えてくれますので、ご安心くださいね!

ラピスの体験ダイビングコースはこちら♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

それでも耳抜きが上手く出来ない!そんなときは?

こまめな耳抜き

ダイビング中に耳が上手く抜けない時は、深度を浅くして再度やってみましょう。
とにかく深く潜れば潜るほど鼓膜の凹みが強くなり、耳抜きしにくくなるので、浅い段階で頻繁に耳抜きをするとスムーズに抜け、耳が痛くならずに海に潜れます。

また、首をかしげるように顔を傾け、耳抜きしたい方を上にして耳抜きをしてみましょう。
空気は上に上がるので、多少は耳が抜けやすくなることもあります。

 

ダイビング中、耳抜きが出来なくて耳に痛みが…そんな時はハンドサイン

ハンドサインで「耳抜きが出来ない」とインストラクターに伝え、少し浅い位置に移動しましょう。痛みが少し和らいだところで落ち着いて耳抜きをしなおすとうまく出来ますよ!

ハンドサインについてはこちらをご参考くださいね!
ダイビングのハンドサインを覚えよう!

 

耳抜きが出来ないのは鼻、耳や鼻の調子が悪いかも?

耳抜きをしてもうまくできない方は、アレルギーなどで鼻から鼓膜までの通り道「耳管」が詰まっていたり塞がってしまっている方が多いです。
耳抜きをして鼻から耳に空気を送っても、その空気の通り道である耳管が塞がっていたら鼓膜まで届きません。

まずは、鼻や耳の調子を整えることが大切です。
アレルギーなどで、もともと耳や鼻が悪い方がダイビングをご計画中なら、2週間前くらいから耳耳鼻科や鼻咽喉科に行って抗生物質を服用するなどして、調子を整えておくことが最善でしょう。
市販薬ではなく、病院での処方薬が良いでしょう。耳の状態も診察してもらえるので、安心です。

中耳炎を患ったことのある方、症状が改善されていない状態ではダイビングができないので、病院に行った際は、医師に相談してみましょう。

 

耳抜きができない方は、シュノーケリングを楽しむのも良し!

症状があまり良くならない場合や中耳炎のお子さまは、ダイビングの代わりにシュノーケリングをお勧めします。

シュノーケリングは水面に浮かんで水中観察を楽しみますので、水圧がかかりません。
中耳炎を患ったお子さまも、シュノーケリングなら安心です。

シュノーケリングコースはこちら

 

まとめ

耳抜きをマスターできたら、快適な体験ダイビングをお楽しみいただけます!
しっかり海の世界を楽しむためにも、耳の調子は整えておきましょう!
ダイビング前にも、練習してみてはいかがでしょうか♪

 

耳抜きにちょっと苦労されたけど、見事乗り切って海を楽しまれた先輩方(笑)の感想の記事を4本ご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

貸切で☆青の洞窟体験ダイビング~!!のご感想&クチコミ
託児で安心☆ご夫婦で青の洞窟体験ダイビング♪ご感想&クチコミ
夏休みの思い出に☆沖縄で体験ダイビングのご感想&クチコミ
ケラマ諸島へ小旅行♪家族で1グループ貸切☆2DIVEしてきました!のご感想&クチコミ

 

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング