お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

7月の沖縄の「青の洞窟」を楽しもう!

こんにちは!ラピスマリンスポーツです。

沖縄の7月は梅雨時期も終わり、マリンスポーツを楽しむハイシーズンの始まりです。
観光スポットである青の洞窟も、ダイバーや観光客の方々で賑わってきます。

そこで今回は、7月の青の洞窟事情についてご紹介したいと思います!
7月の青の洞窟-01
 

7月の沖縄の海は最高のコンディション!青の洞窟も綺麗です。

7月の海-01

7月の沖縄は、暑い夏の日が続きます。

沖縄は一年中海を楽しむことができるので水温については、もちろん問題なく快適な海を楽しむことができます。
ちなみに昼と夜、晴れと雨でも水温は変わりません!

7月の海のコンディションは比較的穏やかで、この時期の青の洞窟の中は本当に綺麗です。
夏は南風が吹くのが特徴ですが、青の洞窟がある場所は南風に影響されない位置にあるので穏やかです。
多少の雨も全く問題ありません。
海の中に入るのでどのみち濡れちゃいますしね(笑)

青の洞窟の中では雨にあたることもないので、海のコンディションに全く影響ありませんよ!

心配なのは台風です。
7月は台風が来る時期でもあります。台風が来る時期に当たらないことを願うばかりですね。

晴れたら大当たり、気分は最高です!

 

 

7月の青の洞窟を楽しむためのコツは時間帯です。

青の洞窟ゆったり-01

観光客の方が体験ダイビングに訪れるピークの時間帯は8時~14時あたり。

ダイビング以外の観光のスケジュールを考えるとやはりこの時間が人気な時間帯です。

7月はハイシーズンなだけあって、混雑具合は満員電車並みです。
ダイビング前後の移動でも場所によっては長蛇の列になることがあります。
他のダイビングショップの団体の方々もたくさん居ますので、ダイビングスポットの青の洞窟では、順番待ちになりゆったり見られない場合も。

かわいい魚の写真撮影なども順番待ちになることは覚悟したほうがいいでしょう。

反対に、比較的空いている時間帯が、早朝7時頃、もしくは15時以降です。
混雑時に比べ、青の洞窟もゆっくりと堪能できますし、魚たちの観察や写真撮影も周りを気にせず自分たちのペースで楽しめまるのでオススメです。

青の洞窟は観光スポットの中でも特に人気です。
混雑した時間帯を避けることをお勧めしていますが、ほかの観光スケジュールと合わせながら、あなたの最適な時間帯でダイビングを楽しむ参考にしてください。

 

紫外線対策はしっかりと。でも、落ちやすい厚化粧はマナー違反です。

7月は夏真っ盛りなだけあって、紫外線もかなり強い時期。紫外線対策はしっかりしておきましょう。

ただし、厚化粧やファンデーションはマナー違反。
ファンデーションが海に落ちて汚してしまい、海で生きる魚たちの生活に害を与えてしまいます。
各ダイビングショップには、毎日多くの観光客の方が体験ダイビングをしにいらっしゃるので、皆さんの海に対する理解が何よりも必要です。

水に強く落ちにくいウォータープルーフの日焼け止めを塗る程度にしておきましょう。

ダイビング後はしっかりと日焼け止めを落とし、スキンケアを忘れずに。

 

まとめ

・7月の青の洞窟は、夏の南風に影響されない場所にあり穏やかで綺麗です。
・ハイシーズンなので8時~14時は混雑しやすい。ゆっくり楽しみたいなら早朝7時、または15時以降の遅い時間。
・真夏は紫外線が強いですが、厚化粧はマナー違反です。ウォータープルーフの日焼け止めを塗りましょう。

 

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング