お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

沖縄の2月の海で、体験ダイビングを楽しもう!

こんにちは!ラピスマリンスポーツです。

「冬もダイビングを楽しめるの?」と疑問に思うことありませんか?
結論から言うと出来ます!楽しめます!
今回は一年で一番寒い2月、沖縄の体験ダイビングに関してお伝えします。

2gatu-okinawa-diving

2月でも沖縄の海は安定した水温。体験ダイビングも快適♪

冬用ウェットスーツ

2月の沖縄の平均気温は、16〜18度くらいです。
本土や北国の人にとってはあまり寒いと感じない温度かもしれませんが、沖縄の気候は日本の中で最も暖かいので、沖縄現地に住むものとしては20度以下になると「寒い」という表現を使ってしまいます。笑

沖縄の2月の海水温は21度前後。
2月の沖縄は、気温よりも水温のほうが高いのが特徴なんですよ!
1月から3月までほとんど変わらない安定した温度なので、沖縄でダイビングが出来ない季節はありません!

ダイビングの服装は、ウェットスーツ着用で問題なく入れますよ。
ラピスでは冬用の厚手のウェットスーツと防寒用フードベスト(インナー)をご用意していますので、安心して楽しめますよ。

透明度抜群の2月の海!ラピスがお得☆思いっきり楽しもう!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ラピスのダイビング&シュノーケリングコース一覧

 

海から上がった後の服装は防寒対策を重視しよう!


寒いと感じるのは、ダイビング中よりも海から上がった後です。
気温より水温の方が高い2月は、ダイビングから上がった後、体が濡れている状態で北風にあたると、特にボートでの移動の際は寒さを感じます。

なるべく、厚手のアウターなどを用意するなど、温かい格好をお勧めします。

ラピスでは冬用の厚手のウェットスーツと防寒用フードベスト(インナー)を用意している他、ダイビング後に着用する厚手の上着や温かいお湯をご用意しているので、ボート移動時の寒さ対策は万全です♪

ダイビング後の観光をご計画なら、風邪を引いてしまってはもったいないですよね!
せっかくの沖縄旅行、体調を崩さないように防寒の準備は万全にしておきましょう!

 

「冬の海の透明度が高い?」

よく耳にする「冬は海の透明度が高い」という話。これは寒暖差の激しい海で差がでやすい現象のことですが、そのカラクリはプランクトンの量なんです。
水温が高い時期はプランクトンが大量に発生することから、海中の透明度が少し下がります。
逆に、水温が低い時期はプランクトンが少ないため透明度が高く綺麗に見えます。

沖縄一年を通して比較的安定した気候なので、水温の寒暖差もあまり変化はないので季節関係なく綺麗な海を楽しめますが、やはり冬の透明度はバツグンですよ!

ちなみに、直前・当日の大雨、大波にあたると海が濁りやすくなり、季節関係なく透明度に影響してきます。
天候が荒れないことを願うばかりですね!!

 

メリットがある2月。ダイビングも観光地も空いてます。

2月の沖縄-01

2月に行く沖縄旅行の一番のメリットは、「どこに行っても空いている」ということ。
観光シーズンのゴールデンウィークや夏休みに比べると観光客の人数は3分の1以下です。
航空券もツアーも格安で手に入ります。

体験ダイビングも、混んでいるシーズンだとダイビングスポットや洗い場などで並んで順番待ちをすることも多いですが、冬の時期ならゆっくりと楽しめるでしょう。

沖縄旅行と言えば夏!というイメージですが、冬の沖縄は穴場的シーズンでかなり魅力的です。
是非、冬のダイビングや観光を楽しんでみてはいかがでしょうか?!

 

まとめ

・ 2月でもダイビングは楽しめます。
・ 気温は年間で一番低いが、水温は21度前後で安定しています。
・ 海から上がった時の服装に気をつけましょう。
・ 航空券が安く、どこも空いているので快適です。

こちらの記事もご参考くださいね!
ダイビングの寒さ対策!防寒をして海を満喫しよう!

また、2月が旬の海ぶどうの記事もおすすめですよ!
沖縄名物の「海ぶどう」ってどんなものなの?

実際に2月に青の洞窟体験をした方の感想はこちらから!
2/23 ボートで楽々♪青の洞窟体験ダイビング☆ご感想&口コミ
2/25 青の光最高☆洞窟で体験ダイビング!ご感想&口コミ

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング