お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

沖縄旅行でダイビング!でも雨が降ったらどうしよう?

体験ダイビング当日、雨だと中止になるか心配

1

こんにちは!初心者向け体験ダイビングショップ「ラピスマリンスポーツ」です。

晴れていれば最高に気持ちがいい沖縄でのダイビング!
でも、沖縄の天気は変わりやすく「さっきまで晴れていたのに雨が…」なんてことも沖縄ではよくあること。せっかくダイビングを計画したのに雨が降ったらどうしよう…と不安になってしまう方もいるのではないでしょうか?
でも、大丈夫!雨の日でもダイビングできますし、とても楽しいです!

今回は、ダイビングを計画中に気がかりな、雨の日のダイビング事情と、雨の日対策をご紹介します!

雨の日でも美しい青の洞窟!青の洞窟体験ダイビングコースはこちら♪

 

多少の雨ならダイビングに影響ありません!

まず、結論を言うと、多少の雨ならダイビングには影響ありません!
極論を言ってしまうと、海に入ると雨も気にならないです。どちらにしても濡れちゃいます!(笑)

さらに、水面あたりは雨の影響や日差しがないために視界が悪いという影響はありますが、少し深い水中では多少の雨はほとんど影響しません!お魚たちも天気の日と同じように出迎えてくれますよ!

amenohi-diving

多少の雨は心配無用!せっかくの沖縄旅行ですから、思いっきりダイビングを楽しんじゃいましょう!

また、海中から上を見てみると、雨の日にしか見られないこんな光景が見れて、むしろラッキー♪
kaimen-amenohi

雨の日でもダイビングを楽しんでいるラピスのお客様の様子はこちら♪
雨でもOK!託児付き☆青の洞窟ダイビング
 

雨の日でも美しい青の洞窟!ダイビングで感動の瞬間を満喫しよう♪↓↓↓

 

ダイビング当日、雨が降った時の対策

多少の雨が降ってもダイビングには影響はありませんが、やはり晴れの日よりも気温は低めです。
晴れの日は太陽の日差しがあるので自然に乾きますが、雨の日のダイビング後はずっと濡れています。体温が奪われないように体を拭いて、上着を羽織って防寒対策が大切です。
それから、ダイビングは重いタンクを背負います。足元が滑りやすくなっているので、気を付けて歩きましょう!

また、台風のような強い雨や風のある日は、残念ながら中止にした方がいいです。
波が高かったりうねりが酷いと、水中の視界も悪くなったりエントリー(海に入ること)やボートダイビングではボートでの移動が困難になります。
決行するか中止にするかはダイビングショップが決めることですが、観光客の方々の身の安全を考え、現地の海や天候状況を熟知した上での決断をしてくれるはずです。
プロに判断を仰ぎましょう!

 

沖縄の雨に関して豆知識。沖縄では雨でも傘を差さない!

ダイビングの話とは少し離れますが、沖縄の天気についての豆知識を少しご紹介します!

頻繁に天気が変わるため、沖縄現地の人は、ほとんど傘を差しません。沖縄は通り雨(スコール)が多いため、普段からサンダルを履いている人もたくさん。
「雨は局地的で一時的」がほとんどです。天気予報が当たらないことも多く、天気予報を見ていない人も多いんです。

せっかくの沖縄旅行で雨が降ると落ち込んでしまいがちですが、少し経てばきれいに晴れることも多いので、悲しむ前に少し様子を見てみましょう。また、スコール後によく見られる自然現象が「虹」。なんだか、綺麗なプレゼントをもらった気分にさせられてしまいます。

沖縄の変わりやすい天気、むしろ楽しめそう。
沖縄観光をする時は、傘を持つよりもウィンドブレーカーを着たり、サンダルで観光すると、良いかもしれませんね!

沖縄観光、ダイビング、思い切り楽しんでくださいね!

10-1-4
 

まとめ

・ダイビングは多少の雨なら楽しめる!
・雨の日のダイビングは、防寒対策を!また、足元が滑りやすいので気を付けて!
・沖縄の天気の変化に合わせた格好で、ダイビングも沖縄観光も楽しもう!

天気が不安定な時にダイビングされた方の感想です。

託児も楽しいよ!沖縄でご夫婦一緒に初めてのダイビング

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング