お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

目が悪いのですが、コンタクトをしたまま体験ダイビングできますか?

楽しみなダイビング、視力に不安ありませんか?

憧れの沖縄の青い海!せっかくのダイビングの機会なのに「目が悪くて視界がぼんやり…」なんて残念ですよね。
「自分は視力が悪いから楽しめないかな・・・」という方のために、今回はダイビング時に使用するメガネやコンタクトについてお話します。

意外と知られていないことですが、水中では陸上に比べ、物が1.3倍ほど大きく見えます。
おかげで視力が0.1くらいの方でも、問題なく楽しめたという声もよく聞きますよ。

では、それ以上に目が悪く、コンタクトやメガネが無いと何も見えないという方はどうすれば良いでしょうか?

カメラ目線でダイビングを楽しんでいる写真

 

視力の悪い人でも、度付きマスクや使い捨てコンタクトで楽しくダイビング!

結論から言うと、体験ダイビングは、コンタクトを使用したまま楽しむことができます。
安全面や衛生面を考えると度付きマスク(目をおおうゴーグル)も大変便利ですが、コンタクトをしている9割くらいの方はそのまま普段のコンタクトレンズを装着してダイビングを楽しんでいますよ。

ただ、高価なハードレンズだと、ダイビング中に外れて流されてしまうことが考えられます。
コンタクトでダイビングをするなら、予備も用意しておける『使い捨てソフトコンタクトレンズ』がオススメです!

また、普段ハードレンズやメガネしか着用している方のために、ダイビングショップで度付きマスクのレンタルが可能な場合が多いです。
予約の時にショップに確認を取りましょう!
 

目が悪くても楽しめるラピスの体験ダイビングはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

マスククリアのスキルを身に着けてダイビングを楽しもう!

ダイビングで使用するマスクは、装着が甘く隙間があるとダイビング中に海水が入ってくることがあります。
海水が入ってきて視界が悪いと、ストレスを感じてしまいます。
特にコンタクトを着けて体験ダイビングをしている人にとっては目の中に海水が入るのはなるべく避けたいことです。

そのため事前に、マスクの中に入った海水を追い出す『マスククリア』の練習が必要です。
装着時にはインストラクターにもチェックしてもらえるので、初めから海水が入ってくるようなことはあまりないですが、ダイビング中の「マスククリア」は初心者の方にとっては案外難しいものです。

でも、コツを掴めば、誰でも落ち着いてマスククリアができるようになるので、インストラクターにしっかり習ってスキルを身につけましょう!
度付きマスクの画像

 

まとめ

・海の中では、陸より大きく見えます。
・コンタクトでもOK!使い捨てがおすすめ!
・普段メガネの方は裸眼か度付きマスクで!
・マスククリアのスキルを身に着けておこう!

【関連リンク】
ラピスマリンスポーツ よくあるご質問

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング