お電話でのお問い合わせはこちら098-958-4429

体験ダイビングガイド

泳げないから体験ダイビングを断念していませんか?

こんにちは!体験ダイビングショップ「ラピスマリンスポーツ」です。
体験ダイビングは泳げなくても楽しめるマリンスポーツです。
ダイビングと水泳は根本的に違うものなので、泳げなくても全く問題ありません。
でも、まだやっぱり心配になりますよね。

今回は、「泳げないから、ダイビングできないんじゃないかな」と思っている方へ読んでいただきたい!
体験ダイビングをするきっかけになれば嬉しいです。


 

実は、泳げない方のほうが、ダイビングにハマっています!

泳げないから今まで海には入っていなかった方が、「ダイビングは泳げなくても大丈夫」と聞いてダイビングに挑戦してくださる方はたくさんいらっしゃいます。

ダイビングは、泳げる、泳げないは関係ありません。
泳げない方も、沖縄の海の感動的な世界をたっぷり楽しむことができるのです。

そして、泳げない方や苦手な方は、今まで海には疎遠で泳いでいなかった分、水中での楽しみを強く感じやすいです。
泳げる方よりも、今まで海に親しみを持っていなかった泳げない方のほうが、体験ダイビングをきっかけに海の世界にどっぷりとハマって、リピートされる方もたくさんいます。

泳げない人でも、体験ダイビングでは問題ないのです!
 

海の中でも自由にできる呼吸

泳げない方がダイビングをするとなったときに抱く、海にもぐる上での呼吸の心配。
泳げない方は、息継ぎの仕方やタイミングが難しいと感じることが多いかもしれません。

でも、心配いりません。
ダイビングでは「レギュレーター」という呼吸器を使うことによって、海の中でも自由に呼吸が出来ます。

水中を移動する際も、インストラクターが手を取ってサポートするので呼吸だけしていれば体験ダイビングを簡単に楽しむことが出来ますよ♪


 

ウェットスーツを着ると、沈みません!

体験ダイビングをする時に着るウェットスーツ。
ウェットスーツは着るだけで、誰でも簡単に浮くことができます。
錘(おもり)を何キロも着けないと潜れないくらい、浮力の強いのがウェットスーツの特徴です。

ウェットスーツを着ながら潜っていくには、「ウエイト」という鉛玉を「ウエイトベルト」に通して腰に巻きつけて浮力を抑えます。
「ウエイト」は体重が重い(体積が大きい)ほど、ウェットスーツの厚みが厚いほど、たくさんの量が必要となります。
厳密にいうと筋肉質な体か脂肪が多い体かによっても左右され、使用するダイビングのタンクによっても必要なウエイトは違ってきます。

目安としては、体重が60㎏の方に着けていただくウエイトの重さは4㎏としています。
もちろん、インストラクターは常に手の届く範囲の場所にいてサポートするので、慣れない海の中でも安心です。

ちなみに、ウェットスーツは半袖の物もありますが、海では日焼け、サンゴ、クラゲ、岩などから体を守る為にも、首から手首足首まで覆う長袖のワンピースタイプがオススメです。


 

泳ぎよりも大事な「耳抜き」。事前レッスンで学べます。

ダイビングで重要なのが『耳抜き』です!
いくら泳げる人でも、実は『耳抜き』が上手くいかなければ沈んで行きません。

耳抜きにもテクニックやコツがありますが、インストラクターから事前にレッスンがあり、しっかり伝授してくれますよ!
また、鼻から空気を送りマスク内に空気を充満させて入った水を排出する「マスククリア」も教えてもらいましょう。
 

まとめ

いかがでしたか?ダイビングは泳げなくても諦める必要はありません。
是非、沖縄の透明度美しい海の世界を堪能してくださいね!
 
①レギュレーターで呼吸ができるので海の中でも安心。
②浮力が強いウェットスーツはおもりを付けて沈む事ができる。
③ダイビングでは耳抜きが必要。

泳げないい方も安心!
初心者向けの体験ダイビングショップ「ラピスマリンスポーツ」↓↓↓

 
【関連リンク】
ラピスマリンスポーツよくあるご質問
ラピスマリンスポーツはじめての沖縄ダイビング体験記
 

ラピスのFacebookページにいいね!しよう!

ラピスFacebookページ

関連記事

ラピスのおすすめコース

  • 青の洞窟体験ダイビング
  • お魚の楽園体験ダイビング
  • ジンベイザメ体験ダイビング
  • 青の洞窟シュノーケリング
  • ジンベイザメシュノーケリング